【総合病院・大学病院の整形外科】求人の特徴・探し方・働き方について

総合病院や大学病院などでは、看護師募集は毎年もしくは随時行われています。ですので、年度初めに新規採用と言う形で働くか、中途採用で働くか、その時の状況に応じて異なってくるわけですが、総合病院や大学病院などにおいては、整形外科で募集、内科で募集など、どこの診療科目で求人募集をしているのかがわからないと言う特徴があります。つまり、求人に応募し、配属希望を出したとしても必ずしもそこの診療科目に勤務できるかといえばそうではないのが事実です。

 

かといって、整形外科を希望しても働けないと言うわけではありません。タイミング良く人手が不足していれば希望の診療科目に勤めることは十分にできるわけですから。辞めたいと思ったときが転職を考える時期であることに違いはありませんが、必ずしもそれが成功するとも限らないため、転職という言葉が頭をよぎったらまずは、転職をするにふさわしい環境をしっかりと整えてから活動をしていくことが大切です。

 

転職をしたいと思うと、早く違う職場へと思うのが人の心と言うもの。ですが、焦って仕事を辞めて次の職場を見つけたとしても、自分が本当に納得していなければまた同じ失敗をしてしまう可能性が高くなってしまいます。看護師と言う仕事は、誰にでもできる仕事ではありません。まさに天職でもあるため、一生この仕事をしていきたいと思うのであればなおさら、それぞれの総合病院や大学病院の方針を理解し、賛同できるところで働くことができるに越したことはありません。