整形外科で身に付く看護スキルや求められること

整形外科というところは、ご年配の方もたくさんいれば、若い方も多い診療科目です。また、そく命にかかわるような病気や疾患に結び付くものがないわけではありませんが、回復が目に見えて分かることも多いため、病院にしてもクリニックにしても重苦しい雰囲気ではないことも多く、精神的な負担も少ないですから、働きやすい環境であると言えるでしょう。

 

また、整形外科においては、骨折などの対応もすることになりますからオペなどに立ち会う可能性があります。病院の大きさによっても異なるところはあるものの、オペ室の勤務を希望しない限り、看護師もオペ室で業務をすることができないことだってありますから、オペに立ち会えるということはスキルアップにも繋がるでしょう。また、ギプスは整形特有のものですので、ギプスについての知識も同時に身につけることができるのはプラスの経験になります。

 

そして何よりも、オペを経験した患者というのは精神的にも不安を抱えていることが多いですから、心のケアなども看護師が行うことになるため、患者に寄り添ったケアができる気配りを持っている人はかなり重宝されます。ただし、高齢者も多数来院するため、ご年配の方ならではの特徴を理解しておかなくてはいけません。年齢に応じた配慮や気配りが必要になることと、中には痴呆などを抱え来院される患者様もいますから、痴呆患者の対応方法や知識を持ち合わせておいて損をするということは、整形外科では絶対にありません。